筋トレ、サプリ、片付けが大好きなADHDマサシのブログ

筋トレしたら人生変わった

ダイエット

ピーナッツは最強のダイエット食品である

更新日:

ピーナッツは食物繊維が豊富で腹持ちがよく、ダイエットに最適な食材です。

歯ごたえがあり、食べ応えがあるのでよく噛んで食べると満腹感も高まります。

ピーナッツは豆類で日本では落花生とも呼ばれます。

今回はそんなピーナッツについて詳しく解説していきます。

ピーナッツの効能

効能はいくつもあるので列記していきます。

  • 便秘の解消
  • コレステロールの調整
  • アンチエイジング効果
  • 糖尿病改善
  • 認知症防止
  • 精神の安定
  • 肝臓の新陳代謝を促進
  • 心疾患の予防

などなど様々な効果があります。

ピーナッツの成分

ピーナッツには血管や心臓の動きを高めるアルギニンやポリフェノールが豊富です。

ポリフェノールはピーナッツの薄皮に多く含まれているため、出来るだけ薄皮をつけたまま食べるようにしましょう。

ピーナッツの栄養素の半分は脂質ですが、その脂質は飽和脂肪酸が20%、不飽和脂肪酸が80%です。

不飽和脂肪酸の中でオメガ6と呼ばれるリノール酸が30%、オメガ9とよばれるオレイン酸が50%です。

オレイン酸はオリーブオイルにも多い成分で、血液を健康にする、質が良く太りにくい油です。

また、ピーナッツは食物繊維も豊富なため、便秘の改善も期待できます。

参考: 腸内フローラの改善に食物繊維と短鎖脂肪酸。腸内環境が整えば幸せ物質大分泌し、下痢も便秘も完治する!

タンパク質、ミネラル、ビタミンも豊富に含まれており、特に抗酸化作用が高く、美容に効果のあるビタミンEが豊富に含まれています。

参考: 老化の防止に!若さの秘訣はビタミンE

カルシウム、マグネシウム、亜鉛も多くイライラの防止にもなります。

ピーナッツの注意点

カロリーがやや高めなので、たくさん食べればよいというものではありません。1日20g(ピーナッツ20〜30粒)程度で十分です。

多めに摂取するなら、主食を減らすなどしてカロリーを調節しましょう。

また、ピーナッツは安価な中国製の物が多く流通しています。中国製ピーナッツは農薬使用量が多く、質が悪いため日本製やオーストラリアなどの物を選びましょう。

ピーナッツまとめ

  • 食物繊維やオレイン酸が豊富で便秘に効果あり
  • 血液に良い成分が多く、美容にも効果的
  • カロリー高めなので食べ過ぎには注意

わたしもピーナッツが好きで小腹が空いた時によく食べています。

便秘症なので食物繊維を手軽に摂取したかったのです。ビタミンEやその他成分も手軽に摂取出来るためほぼ毎日食べています。

おやつにピーナッツを利用して健康的にダイエットしていきましょう!

-ダイエット
-, , ,

Copyright© 筋トレしたら人生変わった , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.