筋トレ、サプリ、片付けが大好きなADHDマサシのブログ

筋トレしたら人生変わった

プロテイン

どのプロテイン飲んだらいいの?

更新日:

巷には昨今のダイエットブームでいろんな種類のプロテイン売られていますね。

果たしてどのプロテインを飲んだらいいのでしょうか

今回は詳しく紹介していきます。

プロテインにはホエイプロテイン、ガゼインプロテイン、ソイプロテインなどの種類がありますが、

ガゼインとソイは消化吸収速度が遅いです。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインには更にWPC、WPI、WPHの3つの種類があります。

そもそも、ホエイとはヨーグルトを買った時に入っている上澄み液の事です。

その液から水分を抜いて精製したものがWPCです。

WPCのプロテイン含有量は100gあたり70〜80g程度です。

WPCには乳糖や乳脂、灰分などがふくまれていますが、それらを取り除いてタンパク含有量をさらに高めたものがWPIです。

タンパク含有量も100gあたり90gと多く消化速度も速いです。

WPCに酵素を働かせ、分解したものをWPHと呼びます。すでに分解されているのでWPCやWPIより消化吸収が早いです。

タンパク含有量も95gともっとも多いですが、その分価格も高めです。

ホエイプロテインには免疫を向上させる物資が多く含まれているためWPCをオススメします。

ただしWPCは乳糖が多く、牛乳でお腹を下す人はWPIを選ぶと良いでしょう。

乳糖でお腹を壊す方は、体内にラクターゼ という酵素が少ない場合があります。

プロテインと同時に消化酵素を摂取するというのもオススメです。

プロテインを摂取しているのに便秘になったり、筋肥大の効果が少ない方はタンパク質をうまく消化吸収出来ていない可能性もあります。

その場合はプロテアーゼという消化酵素を同時に摂取する事でタンパク質をしっかりと吸収する事が出来るようになります。

最近は消化酵素をブレンドしたちょっとお高めのプロテインも販売されています。

消化酵素入りプロテインはiHerbで購入できます。

参考: プロテインの吸収に消化酵素のススメ

カゼインプロテイン

カゼインもホエイと同じく牛乳から作られているのですが、チーズやヨーグルトのように凝固する性質を利用したプロテインです。

ホエイは吸収が早いですが、カゼインは吸収が遅く、7~8時間かけてゆっくる吸収されるのが特徴です。

吸収が遅いことはデメリットのように感じますが、睡眠中にはタンパク質の補給ができないため、より体内のアミノ酸濃度を高めるために吸収の遅いカゼインを摂取する人も少なくありません。

頻繁にプロテインを摂取できない人や、夜寝る前などに摂取するにはお勧めのプロテインです。

ソイプロテイン

名前の通り大豆からできている植物性のプロテインです。

大豆に含まれているイソフラボンによる抗酸化作用、AMPK活性化による脂肪減少効果(ATP活性化)、インスリン抵抗性の改善、血中コレステロールの減少など、美容やダイエット効果が高いのが特徴です

独特の味や大豆臭がするので好みがわかれるかもしれません。

ソイプロテインも吸収が遅く、5~6時間程度かかると言われております。

わたしはソイとホエイを組み合わせて使っています。

あとは好みの問題でしょう。

まとめ

  • 基本的にはWPCでOK

  • お腹を下すならWPI

  • 美容やダイエットにはソイプロテインも


-プロテイン
-, , ,

Copyright© 筋トレしたら人生変わった , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.